地道にコツコツ、地球規模で役に立てる会社が目標です。
社長あいさつ
会社概要
ファインブランキングとは
主要設備
製品案内
RECRUIT
お問い合わせ
TOP
 
超伝導マグネット詳細説明
星の起源を解明する欧州の国家プロジェクトに参加 超伝導マグネット
超伝導加速装置とは
超伝導マグネット
素粒子物理学(高エネルギー物理学)実験用の大型装置です。原子核を構成する素粒子同士を光に近い速度で衝突させ、14兆電子ボルトのエネルギーを生じさせて、そこで起こる現象を観察。宇宙誕生のビックバンに匹敵する高密度・高エネルギーの状態を作り、宇宙の進化や星の起源などについて研究します。
 
LHC計画LHC計画2 
日本でもJ-PARC計画に参加

2002年、ニュートリノ天文学/物理学の分野でノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊先生。小柴先生が研究で使ったスーパーカミオカンデをもっと活用しようという動きのひとつとして、茨城県東海村原子力研究所から大強度陽子ビームを生成・利用する研究・J−PARC計画を2004年から行うことが決定。加速器を通してさまざまな陽子ビームをカミオカンデに飛ばす研究で、大砲にあたる発射台部分の超伝導マグネットには、アキタの技術が使われています。

 

 
社長あいさつ会社概要ファインブランキングとは主要設備製品案内RECRUIT
お問い合わせTOP